春田康吏のLogbook

ある重度身体障害者の人生航海日誌。

フォーマル(ヘルパー)とインフォーマル(ボランティア)~遊べる看護師の友人がほしいの巻

ここ1年は、移動支援へのヘルパー派遣が改善されて、行きたいところに月2回くらいは行けていたのですが、
とっても行きたかった花火大会が、ヘルパー派遣不可!ということになってしまいました。

打ち上げ花火を間近で観るのが夢というか目標にしていたので、逃したらまた1年待たんといかん。ということで、久しぶりにボランティア探しを発動させました。

どぶ板戦略の発動です。

ボランティア探しは、昔はわりとやってたけど久しぶりでした。見つからないかもしれないという不安を抱きつつ、思い当たることは全部やりました。

・会う人、会う人に言ってみる
・メールで友人知人に聞いてみる
・チラシを作って、掲示してもらう

しかし前提として、「たんの吸引を過去にしたことがある人」としました。
これで一気に範囲が狭くなります。
僕は、基本的に誰にたんの吸引をしてもらっても良いです。やる気がある人には、伝授する用意もあります。
ただ今回は、伝授する時間がないと思ったので、上のような前提条件をつけました。

そうなると、医療職、看護師に重点的にアプローチするしかないなぁと思いました。
正直、福祉関係の友人が多いので、医療職の友人はあまりいません。

1.会う人、会う人に言ってみる
うちにはヘルパー以外にも、いろんな人が入ってるので言っておきました。
訪問入浴さんには看護師さんが必ずついてくるので言っておきました。

・行きたいけど、小さい子どもがいるからおぶっていかないといけなくなる。→危ないから止めました。

・はるたさんみたいな年の近い人と花火なんかに行くと、旦那さんが焼きもち焼く→意味わからん断られ方やなと思いつつ…。はぁ。そうですか。

とりあえず、事務所の掲示板にチラシを貼ってもらえることができました。


2.メールで友人知人に聞いてみる
・一人、昔のヘルパーさんでつながってる人ががいたので聞いてみたけど、あいにく仕事が入ってるとのこと。なかったら行ってくれるような感じでしたが。

まだ当てがあったので、さらに何人かに聞いてみました。そこで見つかりました。
でも「最後の砦」として使ってくれればいいよ。という有り難い言葉をもらったので、探す活動を続けました。
結局、最後の砦さんにお世話になったのですが。


3.チラシを作って掲示してもらう
・訪問入浴の事業所さんの掲示板に貼れました。
訪問看護ステーションの人に渡すことができて周知してもらえました。
・市内の3つくらいの事業所にFAX送信してもらえました。
・健康福祉フェアのあるブースに置かせてもらえました。
・ボラみみのみみラインに載せてもらえました。


4.結論
それでも問い合わせすらないというのが、ボランティア探しです。わずかにホームページのアクセス数が上がったので、見てもらえてるとは思います。経験上、想定内ではありました。
でも意外と良かったかもとは思っています。
こんなことが毎回続くようでは心身ともに喪失してしまいますが、たーーまにはこんなこともあってはいいのではないだろうか。と思います。

あくまで僕の場合ですが、ヘルパー支援だけで囲うと、いろんな人とつながる機会が減ったりします。
「こういう人がいて、こういう問題を抱えている」という周知ができた。ということも良かったのではないかと感じてはいます。
まぁ、本心は疲れるので嫌ですけどね。

新聞にでも載せてもらえたら、問い合わせくらいはあったんじゃないかと思います。
介助者を探している友人がいて、新聞に載せてもらえたらすぐ連絡があったというので、新聞の効果って今でも絶大なんだなと思いました。

僕のこれからの目標は、遊べる看護師の友人を作っておく。ということでしょうか。
家庭持ちはなかなか動けないので駄目です。。。教訓。


2012年09月29日

そのほか

【信号】鴻ノ巣にタッチ!(22:35)


そのほか

【信号】神戸にタッチ!(22:34)


そのほか

東海ICにタッチ!(22:28)


鉄道駅

太田川駅にタッチ!(22:18)



鉄道駅

江南駅にタッチ!(21:18)


花火大会

江南市民花火大会にタッチ!(20:08)



タワー

すいとぴあ江南にタッチ!(17:42)



鉄道駅

江南駅にタッチ!(16:26)


鉄道駅

太田川駅にタッチ!(15:20)