春田康吏のLogbook

ある重度身体障害者の人生航海日誌。

家庭を持つと、友達はいらなくなるという話

数年前に、知人男性から言われたことが心に引っかかっているのですが、
「家庭を持っちゃうと、家庭と仕事の往復で友達とかはいらなくなる」という話。

その人曰く、独身時代は友達付き合いを大切にしていたけれど、結婚して子どもができるともう友達とかいらないかな。と思うようになった。と。

そうなのか。と納得する反面、少しショックでした。

それで結論としては、
「昔の友達がどうしてもピンチになって手助けが必要になったときだけ連絡してほしいと。まぁ、普段の付き合いをしていない状態で、ピンチになっても連絡してくれないだろうけどね」
と言っていました。

この年になると、いわゆる結婚適齢期というやつで、自分の家庭を持っていく友人が多くなってきます。
表面では祝福しますが、ほとんどの場合、あまり良く思っていません。ひどいでしょうけど、孤独感を感じます。

少し前になりますが、ある出来事がありました。
夫婦で友達という人が何人かいます。
その中の一組と、あるイベントがあって、3人で一緒に楽しもうという約束(僕はそう思っていました)をしていました。
来れるかどうか分からないというふうで、来れる場合は連絡するということ(僕はそう思っていました)だったので、待っていたけど連絡がなかったので、まあ来ないものと思ってました。

それで行ったらいました。
それはそれでいいんですが、友達夫婦は二人で先に楽しんでいて、僕が行っても挨拶程度で会話に入り込めるような雰囲気ではありませんでした。屋外だったり、人が多くいる場所だと、声が小さいので、なかなか向こうが聞いてくれる感じでないとコミュニケーションがとれません。
最近では、それも突破するような勇気が持てるようになりつつあるのですが、正直、夫婦で楽しんでいるところを邪魔しちゃ悪いなという思いが先行して、ぼっちでした。
そしたら、その夫婦の片方の親も来たりして、とても僕が中に入ってコミュニケーションできるような状況ではなくなっていきました。家族水入らずというか。
やはり、結婚するということ、夫婦とは「家」なんだなと思いました。
すぐ隣で家族の輪で楽しんでて、僕は一人ぼっちという、あぁ・・・と思いました。
いい人たちなので、こちらから働きかければいれてくれるのだろうとは思いますが、邪魔しちゃいけないという思いがどんどん膨らんでいき無理でした。

もちろん友達夫婦の中には、こちらに気を使ってくれて、そういうことにならない人もいます。
でも彼らはそうではありませんでした。
彼らに他意は無く、今までの付き合いからしてそうなるということは想定内でしたが、
家に帰ってきて、孤独感があまりにも大きくなり過ぎてお腹と頭が痛くなりました。

それって本当に友達なのか。って感じですが、彼ら曰く、はるた君は友達ということは聞いています・・・。
僕は、その二人とも大好きです。もっと一緒に楽しみたいと思っています。
だから余計につらいんでしょうね。