春田康吏のLogbook

ある重度身体障害者の人生航海日誌。

ヘルパー憲章というものがある。

≪ヘルパー憲章≫
1982年  日本ホームヘルパー協会

1  私たちホームヘルパーは、常に社会福祉に携わる者としての誇りをもって仕事に
  あたります。

1  私たちホームヘルパーは、常に愛情と熱意をもって利用者の自立を助け、家庭の
  維持と発展を援助します。

1  私たちホームヘルパーは、利用者の尊厳を守り、常に利用者の立場に立ちながら
  仕事にあたり、利用世帯や地域住民から信頼されるホームヘルパーになります。

1  私たちホームヘルパーは、常に服装や言語に気をつけ、笑顔を忘れず、仕事上で
  知り得た他人の秘密は口外しないことを約束します。

1  私たちホームヘルパーは、常に研鑽に努め、在宅福祉の第一線にある者として、
  自ら資質向上に努めます。

最終用語改正:2002年
http://nihonhelper.sharepoint.com/Pages/sitemap.aspx

利用者だけでなく、利用世帯、さらに地域住民にまで言及しているのは意外。
最近、一人暮らしならともかく、家族と同居をしている場合、家族にもたぶんに気を配らなくてはいけないということをしみじみ思っている。

それで、この憲章が全く正しいとは思わないが、
全部きちんと守れている人というのは意外と少ない。