春田康吏のLogbook

当てのない航海日誌のようなもの。

「障害者」のことで意見がかみ合わないとき

すべてがそうとは限らないけれど、
「障害」や「障害者」について意見が食い違ってるときや対立、
どうも話が噛み合っていないときって、

Aさんは、「医学モデル」
Bさんは、「社会モデル」で話しているときが多いようにも思う。

真逆の概念なので、そりゃ合わない。
それを認識しながら話すと少しは違ってくるのかもしれない。