春田康吏のLogbook

ある重度身体障害者の人生航海日誌。

テレビ朝日|笑顔の約束~難病ALSを生きる~

年末に録画していたものを観る。
ドキュメンタリー番組として、あまりいい出来ではなかったように思う。

私は呼吸器使用者とは言えALSでも、たぶん進行性の病気でもないので、
一つの意見にすぎないと思うが、

避けては通れない「人工呼吸器を着ける、着けない」という命の選択が平等に扱われることなく、
着けないということが美徳のように放送されていたように思えた。
そうは思わない見方もできると思うが、私にはそう見えた。

お涙頂戴的な番組にはなっていなかったので、そこは良かったのかもしれない。

ただ、呼吸器を着けないという選択=死なので、慎重になされるべきだし、
患者さんへは適切な情報提供がなされるべきだと思ってはいる。


関連リンク
テレビ朝日『笑顔の約束~難病ALSを生きる~』を見て感じた違和感 - kaztrellaの日記