春田康吏のLogbook

ある重度身体障害者の人生航海日誌。

杉本有美 ~Seven Colors 第二章~ トレーディングカード BOX発売記念握手会

もう半年以上前のことになるが記録しておこう。
ちょっとオタクに入ってきてるのかもしれないと思いつつ……。
あれから一カ月、有美さんご本人から「今度、名古屋でイベントありますよ」と直接教えてくれた通り、お知らせが出た。

f:id:torahouse:20180307183329j:plain

トレカは買ったことがなかったし興味がなかったので、かなり参加は迷った。
大阪のときより、それほど多くの時間話せるということもなさそうだし。
しかし今度は近いところの名古屋で有美さんに会えるということもあり、
現地でのバリアフリー状況、主催者問い合わせも問題なかったので参加することに。

その日は何とナゴヤドームで、AKBの握手会もあった。
一度どんなもんか行きたいと思っていて握手券を持っていた
有美さんの握手会からのAKB握手会という、まさかの握手会のはしごかと思ったが、
目当てのこじはるちゃんが来なかったので止めた。

それで話は戻るけど、もちろん、1セット購入。さすがにそれくらいの財力しかない。
それでもデジカメで写真を撮らせてもらえるらしい。

デジカメ、実は持っていなかった。スマホはNG。
悩んだが、知人からデジカメを貸してもらえることになった。
古いタイプのコンデジだそうだが、貸してもらった。

当日、予定通り少し遅れて到着。
主催のミントポニーランドさんから何時までだったら遅れてもいいですよ。マネージャーさんにも言っておきます。とのありがたいお言葉をもらっていた。
雑居ビルみたいな前に着くと、看板が。
ただ、人気(ひとけ)なし。
本当にやってるのかと思いつつ、エレベーターでミントポニーランドの階に。
エレベーター内に壇蜜握手会の広告も貼ってあった。ヘルパーさんが「はるたさん、壇蜜来ますよ!」と少し興奮気味に教えてくれるが、華麗にスルー。
いや、壇蜜さんはわりと好きな方ではある。
このミントポニーランド、この間、吉木りささんも来ていてお知らせを見逃したことが悔やまれる。

そしてエレベーターを下りてすぐの店内に入っても人気ゼロ。え?
レジにすら人がいない。どうなってるんだと思いつつ、店内を一周。
店から出てみたり、そうしたらレジに店の人が出てきたので聞いてみる。
「ここで受付してもらって会場は最上階になります。当日受付もしています。」と教えてくれた。
予約している旨を伝えて購入。
紙片のチケットをもらい、いざ最上階へ。
もう廊下にまで人が並んでいた。有美さんの声も聞こえてきた。
最後尾に行こうとしたら、ファンの方の一人が「前の人、入れてあげたらどうですか」となぜか言ってくれて、「いやいや、悪いですよ。いいですよ」と恐縮していたら、
別の方が、「あ、いいですよ」と言ってくれて入れてもらえることになった。

そうしたら、その最初に声をかけてくれたファンの方が、
「大阪にも来てましたよね。僕、杉本有美さんのイベント全部行ってるんで」という衝撃な話をしてくれた。
すごいな。そういう人がいるんだなと思った。
他のファンの方も含めて、もう少し話したが特定されないとは言えプライバシー的なこともあるので書かないでおく。

そして中待ち合いみたいなところで、クジが引けた。
そしたら、当たった。
みんな当たるものかと思っていたが、そうでもないようだった。
数枚の中から生写真を1枚選べる。これはかなり迷った。

f:id:torahouse:20180307183413j:plain

とりあえず、これにした。

そうこうしているうちに、次の方と呼ばれる。
ごく普通の照明のはずなのに、有美さんがとてもまぶしく感じた。
始めに握手をする。

「僕のこと、覚えてますか?」
「もちろん覚えてますよ。大阪に来てくれたでしょ」

「緊張しますね」
「この間もそんなこと言ってたじゃないですか」

「写真って、どうすれば…」
「そのデジカメで私を撮ってください」

「今度のドラマ観ますね」
「私、あんまり出てないかもしれないですけど…」←正直過ぎて、ちょっと笑えた。

Twitterも見てます。たまにリプ送ったりしてます」
「ええ。何という名前ですか」
「あ、はるたです。」
「あとで見てみますね」←見てもらえたかどうかは定かではないが見てもらえたと思ってる。

話題が尽きたので、どうなるのかなと思っていたら、
「あとは大丈夫ですか」と優しいお声が。
AKBなどであるとされる「剥がし」はなかった。
まぁ、来てるファンの人も30~40人くらいだったので。

そんな感じで終わった。
トレカは一枚ずつ封がしてあった。
ゴミが多くなるのでそこはどうかと思うが、暇なときに少しずつ開封していった。

f:id:torahouse:20180307183354j:plain

パズルのように並べると、こんなふうにもなる。
これを並べさせられるヘルパーさんも少し申し訳ない気もするが。

いい経験ができた。またあったら行ってしまいそうなやばさを抱えながら……。

杉本有美 ~Seven Colors 第二章~ トレーディングカード BOX
プロデュース216 (2014-10-19)
売り上げランキング: 37,134