春田康吏のLogbook

ある重度身体障害者の人生航海日誌。

呼吸器の寿命

業者曰く、LTVは、あと最低2年は持つと思いますと言われた。
その後は、やはりトリロジーとのこと。
トリロジーの呼気が弱いようなことをいろんな当事者から聞いていたので尋ねたら、
やはり同じ設定にしたときにLTVと比べると弱いことは弱い。
ただ設定で、これ以上強くできないということはないとのことだった。

1つの呼吸器で、10年ちょっとがサイクルなのか。
それほど呼吸器設定に敏感に反応しない、わりと順応できるという当事者の方もいるが、
僕は1度やったことがあるが大変だったので、
もし合わなかったら・・・
もしまたCO2が溜まり始めたら・・・と思うと、本当の意味での死活問題。
生きるか死ぬかになってくるのである。。。

この資本主義社会、同じ呼吸器を一生使っていくのは不可能なのだろうか。。。