春田康吏のLogbook

ある重度身体障害者の人生航海日誌。

【モーガン・フリーマン 時空を超えて - NHK Eテレ】知的好奇心を刺激してくれる番組

モーガン・フリーマン 時空を超えて - NHK
ハリウッド映画でおなじみの俳優モーガン・フリーマンがエグゼクティブ・プロデューサーと案内役を務める、大人の知的エンターテインメント番組。一緒に未知の世界に挑みませんか?だれもが疑問に思っているけれど、だれも明確な答えは出せていないテーマについて第一線の研究者らが持論を展開。様々な角度から掘り下げます。目からウロコの説の数々…深く考え始めると眠れなくなるかも!?ようこそ、思考のワンダーランドへ!

どこからかNHKが買い付けてる番組だと思うが、
自分の知的好奇心が刺激されるテーマばかりで、よく録画して観ている。

「運命か?自由意志か?」
「太陽のない世界 人類は生存可能か?」
「この世界は“現実”なのか?」
「ロボットはどこまで進化するのか?」
「宇宙人はどのように思考するのか?」
「死後の世界はあるのか?」
「死からよみがえることはできるのか?」

このラインナップを見ただけで、「おら、ワクワクしてきたぞ」なんて気持ちにさせてくれる。
1つのテーマで、大真面目に研究している科学者何人かの研究内容、実際の現場が紹介される。
両論併記で、反対の立場の科学者も出てきたりもするが、それぞれを紹介するだけで、
討論は無いのがいい。
あくまで科学的な見地からで、宗教や思想的なことは出てこないのもいい。

僕が、昔から何となく思っていた、
「僕らは、何か1つの生命体の中の人なんじゃないか」なんてことも
大真面目に研究している科学者もいて驚いた。

ところで、この番組で初めて
カルダシェフの定義・尺度というものを知りました。
これを知ると、人類たいしたことねぇ・・・って思ってしまいます。

答えが出てるわけでもないし、
日常生活においてクソの役にも立たないので、興味が分かれる番組です。

僕は、SFってあまり好きじゃないのですが、
もしかするとあるかもしれないなんて気持ちにさせてくれるSF話は大好きです。