春田康吏のLogbook

ある重度身体障害者の人生航海日誌。

占いをするという弱さ

実を言うと、ぼくは結構、占いマニアな面があるのです。

「占いはいいことは信じて、わるいことは信じなーい」なんておっしゃる方が、
ときどきいますが、ふざけんなと思います。

でも、占い好きな面というのは、
自分自身ではとても弱い部分だと自覚していたりします。

あ、他の人のことではないです。
占いをしてる春田は、とても弱いなって。
できれば気にせずに生きていきたいけど、
様々な弱さがぼくにあるので気にします。

最近、注目してるのが、ゲッターズ飯田さんです。
うさんくさい仮面男ってこともないです。
同じ日本福祉大学出身ということを知ったときは、
とても驚きました。
どうにか、つながりで占っていただけないかと思ったりもするのですが。

ゲッターズ飯田さんの一般に公開している五星三心占いは、
ほぼ昔からある六星占術と同じです。
星の決め方も同じだと思います。
解釈が少し違うところもあるような気がしますが。

九星気学は昔、祖母が高島暦なるものを持っていたりしたので、
読んだことがありますが、ぼくは違うなと思って、
そこから気にしていません。

個人的には、占いの王様は四柱推命だと思っています。
四柱推命を制する者は占いを制すくらいの感覚です。
よって、なかなか奥が深くて難しいです。

西洋だと、石井ゆかりさんの星座占いが一番いいです。
当たる、外れるうんぬんというより、捉え方が面白いです。

もう少し語りたいことがあるのですが、
今日はこの辺で。