春田康吏のLogbook

ある重度身体障害者の人生航海日誌。

どうして彼女がほしいのか、結婚したいのか分からない。

ブログは、思考の記録でもある。
ちきりんさんがそう言っていて、なるほどなと思った。

「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記

ちきりん 文藝春秋 2014-11-22
売り上げランキング : 6693
by ヨメレバ

TwitterFacebookが流行り出して、
ここ5年くらいはブログはもうオワコンかなと思っていたけど、
まとまって書けるのはブログしかないし、あとから読み直すのも断然ブログがやりやすい。

最近は、どうして彼女が欲しい、
結婚したいと思うのだろうと考えている。
ずっと答えが出ない。

本能としての性欲解消だったら、
いろんな方法があるから違うだろうし、

よく言われる一人だと寂しいからというのも、
僕の場合、ほとんどの時間、誰かが側にいないと生きていけないから当てはまらないのである。
誰かしらは、いるだろう。

承認欲求というのも、
こうしてブログやSNSで発信してれば、
年に何回かは、いいねがめちゃくちゃ押されるし、
可愛い女の子からも、たまにコメントがついたりする。

それぞれいろんな満たされ方があるにも関わらず、
恋人がすごくほしいと思ったり、
わけもわからず、結婚したいと思ったりもする。

そのことをずっと考えてるけど、
明快な答えだったり、解決策が見つからない。

仮説として、
新しい世界を見てみたいから。というのはある。
ぼくは、失恋経験は豊富だが、
恋愛成功体験が恐ろしくないのだ。
これは、自分の中の一番の弱さくらいに思っている。
女性とそこそこ仲良くできるのに、
信頼関係もある程度、築けるのに恋愛には発展しない。

そんなことを年明けに、
同級生既婚女子の友達に相談していたら、
恋愛に発展しないのは、どちらかに何か引っかかることがあるから。との答えを頂いた。

信頼関係が大きいから。仲が良いから付き合えるとかはないと言われた。

なるほどなと思った。

脈がないのに告白しても、
あっさり断られるだけなのだ。

想いを伝えることがすべてという
巷に溢れた歌や、浅いラブストーリーに感化されるのはもう終わりにしよう。