春田康吏のLogbook

ある重度身体障害者の人生航海日誌。

テレビの映りが悪いと言ったおばあちゃんのテレビを見てみたら……

93歳の祖母がいるのですが、
ぼくのテレビを観て、あんたのテレビ映りがいいね。
わたしのは、もう悪くなってる。わたしと一緒だ。と言っていました。

祖母の衰えは認めますが、
テレビは、地デジ化移行に購入した液晶テレビ東芝製)なので、
映りが悪いということはまずないはず。
昭和のアナログテレビのように、叩くと映りが良くなったりとかもないはず。

チェックしてみることにしました。

結果は、予想していたとおり、画質モードが変わっていました。
画質モードって、変えて使う人っているんでしょうか。

特に、「シネマ」っていう映画を観るときに使えるような画質モードがあるのですが、
あれ、セピア色になるだけですよね。

とりあえず、「標準」にしときました。
良くなった。ありがとう。と言われました。

「ダイナミック」とか「鮮やか」みたいなモードもあるのですが、
個人的には発光が強すぎて好きになれません。