春田康吏のLogbook

ある重度身体障害者の人生航海日誌。

女の子が雪の中で水着になること。




グラビアは、いかにして非日常なシチュエーションを作るかによっても、
善し悪しが変わってくるというのがぼくの持論である。

それの究極が、雪の中での水着ではないだろうか。
雪中ビキニと言うときもある。

始めにやった人は知らないが、
昔からやられている古典的シチュエーションと言えば古典的ではある。

がしかし、誰にでもやれることではなく、
インパクト、破壊力はこれ以上はないのではないだろうか。

発注する人も発注する人である。
どこか頭のネジ1本取れてないと、やってくれとはなかなか言えない。
場合によっては、違法性は無いが不適切な注文と取られる場合だってある。

スタッフ側だったら、可哀想過ぎて発注もできないし、
カメラマンだとしても落ち着いて撮れない。
早くしてあげないとという気持ちばかりが先走ってしまうだろう。

それでもぼくは、グラドルの雪の中での水着写真を観るのが結構好きだったりする。