春田康吏のLogbook

ある重度身体障害者の人生航海日誌。

もらった名刺は捨てている


もらった名刺は、ある程度溜まったら捨てている。ゴミ箱へポイだ。

よっぽどの有名人の名刺だったら記念に取っておくかもしれないが、
取ってある名刺は未だ1つもない。
人によっては、酷いやつだと思われるかもしれないけれど、
データさえ取っておけば安心。
データとしてなら、もう連絡を取らない人や
その組織を辞めてしまった人の名刺データをたくさん持っている。
何がアート作品でもできそうだ。

データを取り込むのに、このアプリを使っている。
それにしても、名刺って資源の無駄遣いだよねと思う。
ぼくはまだ仙拓で作ってもらった名刺がたっぷりある。
そろそろ終わらせたい。