春田康吏のLogbook

ある重度身体障害者の人生航海日誌。

ADSL終了にみる私のインターネット遍歴

www.itmedia.co.jp

フレッツADSL + @niftyを使っていた時期もあったが、
速度が本当に遅く1メガも安定的に出なかった。
当時は、電話局との距離が大きく関係すると言われていた。
サポートに連絡すると、わざと速度を落として安定させるという作業をしてくれた。
結局、そこそこ安定して使えた速度が、800kbpsだった。
それでも場合によっては怪しくて、フレッツ光が出たら即効で変えた。
そんな時代だった。

最初は、ダイアルアップ接続で、ピーヒョロヒョロ、ピーヒョロヒョロとやっていた。


ダイヤルアップ接続音

早く寝ていたので、電話代が上がらない時間帯のことは知らない。

次は、ISDNだった。
だいぶんあとになって、フレッツISDNという定額制プランが出たときは感動した。
インターネットにつなぎっぱなしというのは、当時ありえなかったのだ。
自分がお金を払っていたわけでもないのに、こまめに切断していた。

そして最初に書いたADSL
この期間は、とても短い。

初期のフレッツ光の期間が一番長かった。

今は、フレッツ光光回線を他社へも提供できるようになっていて、(卸)
それが結構パンクしてるらしい。

ちょうど、卸が始まるようなときに、地元のケーブルテレビ局の光インターネットに変更したので、そのことには全く関与せずに快適なネットライフを送っている。
ユーザーが増えたら影響あるでしょうが。