春田康吏のLogbook

ある重度身体障害者の人生航海日誌。

新しい人

カニューレ交換、奥の方も診てくれと言って診てもらったが特に出血箇所はないとのこと。いつもの出血箇所も特別にひどいというわけではないとのこと。

夕方、2人介助でやってるところから1人急遽来れなくなったから新しい人と来ると言われた。いずれ入るようなことだったが急遽だった。インフルエンザ関係で来れなくなったとのことだった。最近の傾向として突然消えたりする人もいるので身構えてしまう。新しい人は初対面だったし、僕の介助の様子を当然見たことないわけだが、そういう雰囲気が全く感じられない介助でいい意味で驚いた。もちろん、あらかじめ流れは話したということだったが。そうかと思えば、何回か見てるのに、頭抱えるようなアプローチをする人もいて、教える人が悪いのか介助者本人なのか相性なのか、こういうことはよく分からないのであった。