春田康吏のLogbook

当てのない航海日誌のようなもの。

皮膚科

2ヶ月に1回くらいの割合で主に塗り薬をもらうために皮膚科に通院している。頭や鼠蹊部の皮膚の状態が悪いためだが、ここ最近はなぜか調子がいい。予約時のお知らせでいつもの院長ではなく、代診の医師であることが判明したが、調子いいときだったので行くことにした。予約方法が変わって、当日の午前0時からネットか電話の自動受付ということで、0時にネットにつないで手続きするのが少し難儀であるが。前は、特に頭皮がよく出血していたがそれがない。かゆいからと言ってあまりゴシゴシするのは良くないらしい。
しかし、なぜかよく分からないけど、いいとき。 なぜかわるいとき。
それがよく現れる。
痰に混じる出血に関しては、未だによく分からない。できるだけカニューレを動かさない介助を心がけてもらってはいるけれど。

呼吸器

毎日ではないが30分程度昼寝をすることにしている。本当に集中して眠れたときは、ものすごくスッキリするが、様々な要因でそれができないとぼんやりしたまま夜の就寝まで過ごしている気がする。数日前から何となく呼吸器の空気の入りが悪いような、たまにアラームも鳴ってたりして、今日やっぱりおかしいなと思ってセンサーチューブを確認してもらったら、やっぱり緩くなっていた。
今の呼吸器の付き合いは長いので、ちょっと挙動がおかしいなと思ったら、大体センサーチューブか電源が抜けてバッテリー作動になっているかだ。

Splashtop

隣の部屋にWindowsのノートパソコンを置いて遠隔操作している。仕事で使うためだが、メインはMacで、いちいち体が動かせないので、MacからWi-Fi経由で遠隔操作できるこの方法を教えてもらった。しかし、ときどき遠隔操作しようとすると「他のセッションにログインしているため使えません」とエラー表示が出ることがある。そうなると困ったもので、直接、隣にあるノートパソコンを持ってきてもらって四苦八苦ログアウト、ログインや再起動をしないといけない。その作業をすると、また遠隔操作ができるようになる。これは何なのかよく分からない。