春田康吏のLogbook

ある重度身体障害者の人生航海日誌。

制度理解と制度対応がバラバラカオス

珍しく喀痰等吸引のやる気があるヘルパー事業所(もちろん登録している)なのですが、現場経験はそれほどなく、資格はあるのになかなか進んでいかない現状です。
介護福祉士の実務者研修というのを修了していて、その場合、第3号喀痰等吸引研修の座学は免除されて訪問看護の実地研修のみでいけるみたいです。
そこまでいくのに1か月くらいかかりました。
しかしこの場合の実地研修のみの対応をしてくれる研修機関が見つからないという有り様。
なぜか研修機関によって勝手ルールを設けているようです。
さらに愛知県独自の謎ルール(現時点では書きません)もあるみたいで…。そうなってくると、きちんとした制度理解がなされていない人も出てきて、まとまりがつかないことになっています。
こんなに次々と壁が出てくると、何か裏組織の関与が疑われます。
ある人と話していたら、一概には言えないけど医師会からの圧力があるときもあるとか。
あっ…(察し)