春田康吏のLogbook

ある重度身体障害者の人生航海日誌。

The nurse is not a nurse.

サブで精神科系の患者の訪問看護を利用している。
男性看護師が多いため、メインやヘルパーでは補えないところを担ってもらっている。
移乗があると、何かと男性の力が必要なこともある。と言っても、ぼくの体重は35Kgなので移乗を一人でできる女性もいる。
その事業所で、新しい男性看護師を連れて行きたいということで来た。
予想はしていたが、前職が「精神のアルコール病棟」とのことだった。
これって、アルコール中毒かなんかの利用者は看護師なのかもしれないが、
ぼくにとっては、ただの素人なんじゃないだろうか。これって、ありなの?と思う。
もちろん、試験や実習、勉強をしているとは思うが、
喀痰等吸引研修や実務者研修を取得したヘルパーさんの方が、知識や実技面では上のような気もする。
そのうち、昨今のジャニーズによるアルコール絡みの問題はどう思いますか?と聞くことくらいしか思いつかない。