春田康吏のLogbook

ある重度身体障害者の人生航海日誌。

NHK連続テレビ小説『半分、青い。』半分の感想

f:id:torahouse:20180708172728j:plain
f:id:torahouse:20180708172810j:plain
f:id:torahouse:20180708172823j:plain

録画して、1〜2週遅れで観ています。ただ、家の人が観ているのとSNSからの情報で衝撃的な展開になるとネタバレしてしまいます。

この叫び。何もないってことはないと思いますが、痛いくらい分かります。
そもそもハガキの「結婚報告」って何なんでしょう。という思いがずっとあります。
年賀状で行われるのが通常ですが、そういったものを何通か受け取ったことがありますが、受け取って気分が良くなったことは一度もありません。
これからもそういう場面に遭遇するんだなと思うと少し憂鬱です。

それはともかく、半分、青い。ですが、
タイトルの意味にもなっている、片方の耳が聞こえないというところは、大して物語のキーには今のところなっていないように思われます。
むしろ、ぼくが気になっているのは鈴愛(永野芽郁)がいつも着ているボーダー柄の服は、発達障害のボーダーを意味しているんじゃないかと思ってしまうところは、考えすぎでしょうね。