春田康吏のLogbook

ある重度身体障害者の人生航海日誌。

5年ぶりの島谷ひとみライブ「HITOMI SHIMATANI 20th Anniversary LIVE〜Golden Lady〜」

f:id:torahouse:20181003164502j:plain

5年ぶりですか。ライブはたくさんやってるようですが。
もうちょっと体調が万全なときに行きたかったのですが、膀胱炎が悪くなりつつあるときでした。
まぁ行けただけでもいいか。
シングル曲をすべて聴いているわけではないので、Momentとか分かりませんでした。
不覚です。始めの曲だったので驚きました。
調べてみると、「簡単に言えたなら」のカップリング曲のようです。

一番印象に残った曲は、なぜか「Wake you up」でした。
この5年間、フリーライブも含めていろんなところでやってきた賜物か、
ライブパフォーマンスが格段に上がっているように思いました。
前はどこか緊張が伝わってくるような感じがあったのですが。

客層も変わってきているのか、MC中の突っ込みとか多かったです。
これは嫌に思う人もいるようですが。

言葉で一番印象に残ったのは、「10代、20代、30代とやってきて皆さんと共に生きてきたのだなと。これからも共に生きましょう」というようなことが印象に残りました。
「共に生きる」って福祉の人がよく使う言葉なので、それ以外の人から聞けるとは。

最後に、CD購入者の方の握手会がありました。
これって、Golden lady予約しても握手券もらえたのかなぁ?
すべて持っているCDだったけど、一つ購入しました。

一番最後にってことで、握手してる人を眺めている特別スタイルでした。
いろんな方がいるなと思いました。
島谷ひとみのファンの多様性すごい。

そして、ファンになって何年でしょう。感慨深いものがありました。
こんな展開があるとは思っていなかったので、ポータブルスピーカーを用意していなくて、
でも、伝えたいことは伝わりました。

次はあるのかどうか。
行けるのかどうか。

下記、僕は、なかなかセットリスト記録できないので、ありがとうでした。


ameblo.jp