春田康吏のLogbook

ある重度身体障害者の人生航海日誌。

在宅、それは日常生活の連続





「これは、看護の仕事ではない」在宅で生活していると、よく聞かれる言葉である。


他にも、
「これは、◯◯の仕事ではない」 PT、ヘルパーなどなどが入る。

聞いてみると、確かにそれは正論なのである。 ぐうの音も出ない。
洗濯、食事の用意。 看護ではないから看護師がやることではない。
分かる。
だが、在宅生活とは利用者にとっては日常生活そのものである。


それが、ただただ毎日続いていく。


ぼく自身は、わりと気をつけているつもりで、 看護っぽくないな。 リハっぽくないなと思ったら、 「確認」はするようにしている。


今のところ、特別に拒否されたことはないが、
プライドが高かったり、 「生活をしている」ということがよく理解できていない人だと、
嫌に思うのであろう。


そういう人は、訪問系サービスで働くということは向いてないのかもしれない。