春田康吏のLogbook

当てのない航海日誌のようなもの。

本屋での偶然の幸運性





リアル本屋さんは、隙あらば行くようにしている。


セレンディピティがあるかもしれないと期待して行くのだが、
そこで買った作者もタイトルも何も知らない本って、まず当たった試しがない。


もちろん、本屋に行く回数やチェックした本が少ないというのもあるだろう。
それは、図書館に直接行って本棚を眺めて借りたときも同様。


むしろ、Amazonがオススメしてくれたり、Twitterのタイムラインに流れてたり、人が勧めてくれた本の方が僕の中では当たる確率が高い。